プラセンタ

MENU

プラセンタってそもそもなんの事なの?

プラセンタとは英語で直訳すると「胎盤」という意味になります。
胎盤は、我々人間をふくむ哺乳類と、サメの一部がつくることが知られています。
胎盤には人の体をつくる成長因子が豊富にふくまれているといわれ、この胎盤を元にしてつくられたプラセンタが近年注目を浴び続けています。

 

プラセンタにはアミノ酸、ミネラル、ビタミンのほかにグロースファクターと呼ばれる成長因子がふくまれています。
グロースファクターとはどういったものかというと、細胞を活性化させ、細胞分裂や細胞の増殖をうながしてくれるたんぱく質の一種です。
若返りのホルモンに「人成長ホルモン」というものがあり、これは脳内の脳下垂体前葉という場所で分泌されるものです。
人成長ホルモンは人の成長に深くかかわっているホルモンといわれています。
しかしこの人成長ホルモンは、20代後半を境に減少していってしまいます。
グロースファクターはこの成長因子を刺激して、細胞分裂を促進させる働きがあります。
その結果新陳代謝が高まり、細胞の酸化を防ぐ効果などがあるのです。
ですのでグロースファクターをふくむプラセンタを摂取することで、肌の奥の線維芽細胞を活性化し、ハリやツヤ、透明感などを与えてくれたり、シワやたるみ、ニキビ跡などを改善して目立たなくしてくれたりします。

 

また肌だけでなく、角膜、肺、器官などの上皮細胞の増殖をうながし、弾力やきめなどを整えてくれる働きもあります。
育毛に関しては、毛根を刺激し髪の成長をうながしてくれるといわれていて、育毛剤などにも利用されています。

 

このように、美容や健康にさまざまな効果があるといわれています。
今現在、販売されているプラセンタは馬由来のものと豚由来の2種類がおもに出回っています。

馬由来のものは安全性が高く品質が良いことが特徴です。
馬は病気にかかりにくく寄生虫なども住みつくリスクがあまりないので、寄生虫予防の注射もほとんどする必要はありません。
そのために品質も良いと評価が高いのですが、ネックは価格の高さです。
馬は1年に1頭しか子どもを産まないので、それだけに希少性が高くなり、値段も高値になりがちです。

 

対して豚は年に2度、1回の出産で10頭前後の子どもが生まれるので、それだけ胎盤も手にいれやすくなります。
同じ豚でもSPF豚やデンマーク産の豚などは比較的安全性が高いと評価されているので、豚由来のものを選ぶときにはこれらのものを選ぶようにするといいでしょう。